スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空中庭園 

kuutyuu.jpg


京橋家のルールは、何事も包み隠さないこと。しかし、長女マナが誕生のきっかけがラブホテル「野猿」ということまで赤裸々に語られ、マナはとまどう。長男のコウはそのラブホの建築に興味を持ち、言ってみようと不動産屋の女性に案内を頼むが、彼女は父の愛人だった。マナが学校をさぼって援交をしていたり、父にはふたり愛人がいたり、家族には隠し事が多く、そしてルールを作った絵里子にも知られたくない過去があった。
角田光代の同名小説の映画化。幸せ家族は学芸会のようなもの。仲のいい家族が、それぞれ秘密を抱えつつも、じつはその幸せ家族を守りたいと思う姿もあると映画は語っているよう。思い込みが自分の首を苦しめ、間違うと幸福を見失ってしまう危険をはらんでいることも教えてくれる。決して特別なファミリーの物語ではない、どこの家族にもありうる話なのではと思わせる、現代の家族の姿を切り取ったドラマだ。壊れた主婦を小泉今日子が好演。鈴木杏、ソニン、大楠道代、勝地涼、板尾創路が共演している

*******************************


物事は決めつけてしまっては良くない。
家族はみんなで作ってゆくものなんだ。
 
ずっとずっと暗くて重かったけど、
最後は救いのある感じで終わってよかった

ただ一つ、
グルグルまわる感じの撮り方には目が廻ったよぉぉぉ!w

スポンサーサイト

スウィングガールズ♪ 

20070225220512.jpg


いまテレビでやっでだね~!

うちの地元はこの映画の舞台、山形県なので、なんだか親近感湧いてますw

役者たちの山形弁は微妙なかんじもすっけど(とくに平岡佑太)

「けろ~」とか「んだず」とか懐かしー。

おもろいわぁ♪

あたしは「リリィ」「ゆれる」とかより、こういう明るい話の映画の方がよっぽど見たいみたいだわ。。

リリィ・シュシュのすべて ゆれる 

先週から今週にかけて見たのだずら。


①リリィ・シュシュのすべて
20070225213753.jpg


若き市原隼人、蒼井優ちゃんが出てます。

市原隼人かわいい。。。。

14歳って本当に繊細な年頃なのかも知れない。

現代の少年のいじめ、ネット、援助交際、自殺、殺人を題材にしたこの作品。

切なくて悲しい。

田舎の綺麗な映像と、その少年たちの起こす悲惨な行動のその差とギャップが大きい。

私は14歳の頃、すごく平和だった気がする。
のほほん生きて、親に頼って、まぁ恋もして、みたいな。
その時この映画を見ていれば、もっと違った感情も産まれていたかなとも思う。



②ゆれる
20070225215004.jpg


オダジョー、香川照之の兄弟の映画

橋のように兄弟や人との関係ってゆらゆらぐらぐら。

渡れるようで渡れない。
近づけるようで近づけない。
離れても離れられない。

信じること、憎むこと、ひがむこと、兄弟ならではの感情ってあるんだろうな。

ううん、、、、でも面白かった

役者がめっちゃよかったね!

mr.and msr.スミス 

mrandmrssmith.jpg


彼氏と見ました。

いやぁ、こんな夫婦、この世に怖いもんなしじゃないですか!(=゚ω゚=)

世界一強い夫婦ですよこりゃぁ!(´・д・`)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。