スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立博物館表慶館にいってきました 

retoro.jpg




1/28までの内部公開に!!!

まぁじでレトロで素敵でした。見事でした!!

大正天皇の結婚記念に建てられたから”慶び”を”表す”館なんだそうで。



1/26に行ってきました~

平日なので人も少なくて良かった(´・∀・`)

床が7色の大理石でできてるトコロとかぁ~

ドーム天井が緑で、そのすぐ下に油絵、素敵だった~

階段もお屋敷特有の両方向から生えてる階段で、ぐるぐるしてて、

大きな窓から日光がたぁくさん入ってきて温かくて(´▽`)



そうそう!

窓ってさぁ、昔はガラスが入ってなかったんだって。

昔って14世紀のヨーロッパ辺り。格子はあっても、ガラスがない。


ていうか、窓がない。

石造りの家だったから、石1つ1つの積み重ねの壁が家を支えてる訳で、取り除ける数が限られてたから窓がなかったのね。


16世紀にガラスは普及したんだけど、ガラスってのは値がつくもので、ガラスを盗まれないか心配するくらいだったとか!

しかも窓が家に7枚以上あると、「窓税」ってのがついて税を取られたんだってさ(´;ω;`)))

窓ができた時にゃあ、光をぐーーーーーーっと取り込むもんだから、ビックリしてトローーーーーンってなっただろうなぁ(*´∀`*)

私ならなるからねえ♪


表慶館は思ってたよりもデカくて驚きました。

壮大そのもの。

中も見れて本当行ってよかったです。


スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://lvspnk.blog54.fc2.com/tb.php/126-c80f334f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。