スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッチン 

最近読んだ本

吉本ばななさんの「キッチン」




とてつもなく良かった。

読みやすい!


わたしは「ムーンライトシャドウ」が悲しくて、切なくて、とてもスキでした。



なんだかこっちのブログがなかなか更新できなかったりです。

mixiも「ナホコ」東京都・20歳でやってるので、登録してる方いたら、入らしてください。

スポンサーサイト

気仙沼へ 

おいしーーーーーーーーーーい海鮮丼が食べたくて、
高校の友達と3人で行ってきました~気仙沼w

着いたとたんコケました、段差で。

うええん恥ずかしいわアホだわ。。。
アオタンですよもう!!

でもそのあとの海鮮丼で忘れました♪

kaisenndon.jpg


このメニュー「破格の千円海鮮丼」ていうらしいですw
うまかったですよ!とくに甘海老
ごはんがあったかかったのがうううう・・・ちょっと残念!


それから島へ船で渡りました、大島ってところです。
そして十八鳴浜(くぐなりはま)という海へ、、、、タクシーで向かったんですが、、、、


ひょえーーー山の中で降ろされました!

車侵入禁止だそうで。。。
山を下ってそこまで行けるそうで、くだりましたよ。
一人がものすごい坂恐怖症?みたいでめっちゃへっぴり腰になってましたがw

途中で親切な現地のおばさんが居て、連れていってくれました。
着いたら本当にきれいでした!!

そのおばさまは、「ここ2、3日が、ここ3年で一番良いよ、いい日に来たね」といってました。
この浜は砂浜の砂の粒がきめ細かいために、踏むとキュッキュッと鳴る砂浜なのです。
その鳴き具合が本日は最高らしいのでした!
本当にきゅっつきゅつ言います!!びっくり!!


umi.jpg


十八鳴浜という名前のゆらいも、「きゅうきゅう」と鳴る浜→「九九なる浜」→九が二個で十八→「十八鳴浜」
らしいのです

でも前日にごみ拾いをおばさんは地域の団体で行ったそうです、ごみが端の方にたくさんありました。
ごみが増えているそうです。。。

東京に住んでいて、すごく思うのですが、東京は本当にタバコのポイ捨てが多い町です。
そのタバコが海を汚している、とまでは言い切れませんが、でもどこかで繋がっているかもしれない、
ごみは捨てないで。

わたしはすごく思ってきました、
もし自分のうちの前にポイ捨てされたら、どんな気持ちになりますか?
なんだよ!?って思うでしょ、されたら嫌でしょ。
されたら嫌なことはやっちゃいけない、それが道端でも、海でも、どこでも。
だから単純にそう思って、捨てないでおくれよ。



海に行ったあとは宿で休みました。
食卓になまこが出ました。。。。
臭い。。。。。不味い。。。。。。
名前にてるし。。。。。。



たのしい高校の時にいけなかった分の卒業旅行?!になりました
たのしかった!
やっぱ地元の友達は最高


そうだ、京都、いこう 

一人旅ですよ!
いきました!
夜行で!

そして一日目は京都駅で降りて、南禅寺~三十三間堂~二条城~三条通
と見てきました

南禅寺の水路閣、庭園、三門は思った以上で興奮しました

suijikaku.jpg


この橋の上を今も琵琶湖から引いた水が走ってるんです。
この橋は明治時代、日本人だけの手で作られたもの。
感動です!

これは三門、そしてそこからの景色

sannmonn1.jpg



sannmonn2.jpg



三十三間堂も仏像に圧倒され・・・
二条城が意外や意外に、すごく楽しかったです
今回は二の丸の他にも、本丸を特別公開してたのでラッキーでした♪
ゴージャスな二の丸と、素朴な本丸。
しかも、ああデートしたい!と思うほどなぜかカッポーが多い・・

nijyoujyou.jpg




夜になったら京都の友達のぉ家に泊めてもらうので会って、2日目は案内してもらったんですけども、

豆腐料理!本気でウマー!!かったです
それからようじやカフェwそして抹茶ぱふぇ!
ウマーウマーウマーウマー!!!!!

toufu.jpg


youjiya.jpg


pafe.jpg




では最後は金閣で〆ますw

kinnkaku.jpg

伊豆は伊東へ 

お久しぶりに書きます

書いてない間、いろんなところに行きました。

まず、伊豆に彼氏と一泊二日して、その後京都へ一人旅、つい最近帰省した際に一泊二日で気仙沼にいってきました

伊豆は伊東に泊まったのですが、お風呂が最高に気持ちよかった。
私が泊まったのは「山へい」てところです。
部屋も広々、大浴場も広々、貸切風呂もとっても素敵でした大浴場は岩風呂と桧風呂の2つの入れ替え制ですが、私は桧風呂がとても素敵と思いました桧のかほりがネ・・
ただ貸切風呂から庭が見えないのが残念だったかしら
食事の間のおばちゃんが明るい方で、素敵でしたよただ、その日の客の皆様が、なのかは知らないですが、静かで、喋りにくかった。。

1日目は雨で旅館にいそいそと行った2人ですが、2日目は快晴!
外で遊びました
海が広い!青い!大きい!そして寒いw


izu.jpg



少し歩くと「マリンタウン」というレジャー施設、お土産とか売ってるところでひなたぼっこ。
ここには近所の方?から若人~老若男女が集まっていました。
卒業旅行の人が多かったみたいですねー!卒業旅行行けなかった身としては羨ましいでございました。
しかし、今回の旅行は彼氏が全部決めてくれて、予約もとってくれて、あの私に対してずぼらな彼が!!と考えるとかなり嬉しかったです
一応感謝。w

空中庭園 

kuutyuu.jpg


京橋家のルールは、何事も包み隠さないこと。しかし、長女マナが誕生のきっかけがラブホテル「野猿」ということまで赤裸々に語られ、マナはとまどう。長男のコウはそのラブホの建築に興味を持ち、言ってみようと不動産屋の女性に案内を頼むが、彼女は父の愛人だった。マナが学校をさぼって援交をしていたり、父にはふたり愛人がいたり、家族には隠し事が多く、そしてルールを作った絵里子にも知られたくない過去があった。
角田光代の同名小説の映画化。幸せ家族は学芸会のようなもの。仲のいい家族が、それぞれ秘密を抱えつつも、じつはその幸せ家族を守りたいと思う姿もあると映画は語っているよう。思い込みが自分の首を苦しめ、間違うと幸福を見失ってしまう危険をはらんでいることも教えてくれる。決して特別なファミリーの物語ではない、どこの家族にもありうる話なのではと思わせる、現代の家族の姿を切り取ったドラマだ。壊れた主婦を小泉今日子が好演。鈴木杏、ソニン、大楠道代、勝地涼、板尾創路が共演している

*******************************


物事は決めつけてしまっては良くない。
家族はみんなで作ってゆくものなんだ。
 
ずっとずっと暗くて重かったけど、
最後は救いのある感じで終わってよかった

ただ一つ、
グルグルまわる感じの撮り方には目が廻ったよぉぉぉ!w

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。